カビが与える身体への影響とは?

湿気が多い季節はカビが発生しやすい時期になります。
部屋の作りが古い家屋では、畳や襖の角などに薄くカビが生えてしまうこともあります。
また、押し入れなどの閉ざされて密閉された空間でもカビは発生してしまいます。
最近の建物には吸湿性のある素材を使用していないことが多くなっています。
それに加えて高気密高断熱で喚起が不十分な場所ではカビが発生しやすくなってしまいます。
特に日中に留守にしているご家庭では注意が必要です。
洗濯物を部屋の中で干す習慣があるご家庭では、部屋の中の湿度がかなり高くなります。
できるなら浴室乾燥機やエアコンの除湿機能などを有効に活用していきたいです。
窓の縁に使われているゴムパッキンなどもカビが発生しやすい場所です。
そのカビがカーテンに擦れて付着して飛び散るのは極力避けたいです。
カビが身体で与える影響は、主にアレルギー症状になります。
空気中に含まれるカビを吸い込んでしまった結果、呼吸器系に悪影響を与えてしまいます。
喘息のような喘鳴や咳など、最悪の場合呼吸困難などの症状を引き起こします。
小さい子供や免疫力が低下している高齢者の方などが特に起こりやすくなります。
さらに、慢性的な呼吸器疾患を持っている方は気を付けなければなりません。
乳製品などの発行品に付着しているカビについては、食用として使われているカビはメーカーが毒素を排出するかを検査しているので、摂取するのは問題ありません。
カビ自体は意外と強くなく温度に弱いです。
人の体温が36℃から37度で多くのカビにとっては不快な温度になります。
カビは約25度では増加してしまうが、35度では死ぬ場合もあります。
しかし、カビの持っている毒素は熱に強いので菌が死んでも毒素が残ってしまいます。