カンジダ菌は常にあなたの身に存在している

女性ならカンジダ菌と呼ばれる菌を一度は耳にしたことがあるくらい有名な菌です。
カンジダ菌は性病の原因であるイメージがありますが、実は健康な女性でも所持している常在菌です。
カンジダ菌はカビの一種で皮膚や口内や消化器官、膣内やその周辺に繁殖していて一般的には無害な菌です。
この菌は病気や疲労、ストレスや薬の服用などで身体の抵抗力が低下すると増殖してしまいます。
口内にカンジダ菌が増殖すると、粘膜の表面に白い点状や地図状の膜が付着します。
これを剥がすと赤く爛れたり出血してしまいます。
身体の抵抗力が低下している時や病気の治療をしている時などは要注意です。
また、入れ歯を使用している人は手入れが不十分だったり、ドライマウスを使用している方も唾液による殺菌力が低下するのでカンジダ症にかかりやすいです。
カンジダ菌が膣の中で増殖した場合、カンジダ膣炎という症状が発生しておりものに変化が現れ、かゆみや痛みなどの不快な症状が起こります。
性交によって起こす場合もあり、月経直後や妊娠中、糖尿病を患っていて抵抗力が低下していると発症します。
膣に発生したときには、性交でパートナーに被害が出ないように注意しましょう。
カンジダ菌は暖かい湿気を好むので、通気性のいい下着やゆったりとした洋服を着用するといいです。
入浴後の清潔なタオルでのタオルドライをしっかり行うほか、濡れた衣類はすぐ着替えましょう。
カンジダ菌を減らすには食生活の改善は一番です。
大体の食物成分にはカンジダ病原性を低下させる効果があります。
野菜に含まれるテルペノイドがカンジダ菌を減らします。
テルペノイドは過熱すると活性がなくなるものが多いので、新鮮なものを摂取するのが効果的です。
また、植物油に含まれるカプリン酸やラウリン酸を多く含む食事を取ることも有効です。