感染症にかかりやすい年齢層とは?

感染症には様々な種類があり、年齢によってかかりやすい感染症が変わってきます。
例えば、マイコプラズマは微生物の一種ですが、マイコプラズマが流行するのは4年周期であるといわれ、かつてはオリンピック病などと呼ばれていました。
現在ではその周期は変わってきています。
また、マイコプラズマの特徴として10代から30代の若者や成人の気管や喉への感染が見られます。
マイコプラズマは喫煙者の感染率が低いのも特徴の一つです。
マイコプラズマ肺炎の流行期間は秋から冬の間になります。
一度発生すると小さい集団での流行が特徴的で、唾液や咳などの飛沫感染をします。
これらのピークは年齢的には8歳から9歳といわれています。
飛沫感染を予防したい場合は、マスクを着用したり、手洗いうがいを行うなどが有効になりますので、学校や職場などでの予防を実施するときは徹底してみてください。
感染症には一定のパターンがあり、それを見ていくことにより感染症の存在をより詳細に理解することができます。
先ほどはマイコプラズマの例を挙げましたが、性病になるとまた違う年齢層が上がってきます。
性病は主に10代から20代の若い世代の方が多いです。
その背景には性交などの増加による影響があります。
特に若い世代は性に対する興味や好奇心が多く、性病というリスクが身近になってしまいます。
性病は割と身近にある手段で防ぐことが可能ですが、若い世代は性に対する知識が幼いままで、そのまま性病になってしまうことが多いです。
どの感染症でも傾向と対策がしっかり存在しています。
今私たちに必要なことは医療関係の知識をしっかりと身に着けて、自分自身の手で感染症から身を守ることです。